デザインやサイズは?値段は?トロフィーの選び方

トロフィーのデザインとサイズ

一口にトロフィーと行っても、実はいくつもの種類があります。よく見る形にものから、柱が4本あるもの、少し変わった形のものと、いろいろなデザインがあります。また、同一のデザインであっても、複数のサイズから選べる場合もあります。大きいものでは1m以上のものもありますし、小さいものでは20cmを下回るものもあります。トロフィーを選ぶときは、贈る相手や理由を考えて、デザイン、サイズともに最適なものを選ぶよう、心がけましょう。

予算とサイズによる価格の変化

もう一つの選び方として、予算に合わせて選ぶという方法があります。基本的に、トロフィーは大きいサイズのものの方が、値段が高いものです。同じデザインでも、いくつかのサイズが選べるようになっていることが多いので、予算が限られていて希望していたものに手が出せない場合は、同じデザインで少し小さいものへ変更することで、予算以内に収まる可能性があります。予算との兼ね合いで困ったら、サイズダウンも検討してみましょう。

発注するときに気をつけること

トロフィーは台座部分に贈る相手の名前や日付、メッセージなどを刻印することができます。また、装飾品が選べる場合もあります。しかし、どのような選び方をするにしても、さらにオプションを加えるにしても、注意しなければいけないのが納品までの時間です。業者に在庫があるかどうか、刻印する場合はそれに必要な時間、そして、手元に届けられるまでにも時間がかかります。いつまでに必要なのかをよく考えて、余裕を持って発注しましょう。

トロフィーの運搬は破損防止のための梱包を行うのが一般的です。形状に適した方法で梱包を行い、使用する緩衝材も色移りや静電気などが生じない材質の物を選ぶように心がけます。