複雑なプログラムの知識は必要ない!HPをオシャレに制作するテクニックとは?

スライドショーもオシャレに

従来のHPではスライドショーを用いるにはFlashと呼ばれる技術が必要でしたよ。近年は、プログラムの進化により、css、javascript、html言語の三つがあれば表現できる様になっています。実は、この記述と言うのは、無料で配布されているため、コピーをして貼り付ける、若しくは外部ファイル用ファイルのダウンロードを行ない、自分自身が扱うサーバーにアップロード行ってhtml言語内で指定するだけで作成できる場合もありますよ。一度、この技を身につければ、あらゆる場所で利用する事ができますよね。

参考資料を下地として利用する

すごいデザインを行うデザイナーも、生まれた時からデザインが出来た訳ではありませんよね。様々な人のデザインを真似ながら、ノウハウを積み上げて来た物ですよ。スキャナーなどを利用すれば、パンフレットなどのコピーを行ない、参考になる一部分だけを切り取り、文字だけ変える、色を変える、表現だけ少し変える学び方だってあります。この様な学び方は、プロと同じ考え方を身につける事が可能になり、無意識にプロと同じ発想力を養う事だって出来ますよ。ただし、完全にコピーする内容は、著作権を侵害してしまうため、必ずオリジナルティのある内容で制作する事を心がけなければなりませんよ。

オシャレは自然界に多く存在する

HPでオシャレに見える内容と言うのは、コンテツの内容以上にデザインによる配色の使い方がありますよね。難しいそうに見えますが、小学生でも学べる内容ですよ。人がオシャレと感じさせるのは、自然が作り出した人間の本能による物ですよね。その自然界には調和が取れた配色で、表現されている物が沢山あります。例えば、花には様々な色で表現されている場合もあれば、鳥の中には美しい色彩を身にまとっている場合もありますよね。実際に、足を運んで調査をするのは、制限がありますが、ネット上にはすぐに調べてる事が可能であり、自然界にある様々な配色を見ながら参考資料とする事ができますよ。

レスポンシブデザインは、様々なジャンルのビジネスで用いられることがあり、製品やサービスの魅力をアピールしたいときにも有効です。